photoshop(CS6)を使えるようになるぞ! ―ピクセルとか解像度って何?―

         

 

ブログとか書いてると画像サイズの変更が必要になったりしますよね
このブログのトップ画像も幅960px高さ250pxがおすすめと書いてあります
pxって何???って思われる方もいらっしゃいますよね
今回はまずそのことから

写真などは小さな点が集まったものっていうのはなんとなくわかりますよね
この小さな点が ドット ・・・ dot
これに色情報も加味した概念が ピクセル  ・・・ px
解像度は1インチ(2.54cm)の中にある点の数 ・・・ dpi (dot per inch)
1つの画像を表現するのに使用されるピクセルの総数が 画素(日本語)です

当然同じスペースにいっぱい点があるもの=解像度が高いものや画素数が多いものがキレイということです
解像度は点の密度のことですね

Webなどのモニタ表示用→72dpi(ppi)
インクジェット・レーザープリンタ出力用→150dpi(ppi)
商業印刷物→350dpi(ppi)
が目安だそうです
これは画像を保存する際に必要になります
とりあえずピンクのところだけ覚えて下さいね
*photoshopではdot per inch(dpi) ではなく、pixel per inch(ppi)を使用しています

もう少し具体的に書いてみると
現在使用しているwanty’sのトップ画像は960px×200pxを例にしますね

これは幅に960個と高さに200個の点を持っていて
960×200=192000画素ということになりますね

72dpiの画像なので
960÷72=13.333インチ
200÷72= 2.778インチ
photoshopインチ

1インチは2.54センチなので
13.333インチ×2.54=33.87センチ
2.778インチ×2.54= 7.06センチ
photoshopセンチ

この数字は画像にあるようにphotoshopのドキュメントサイズというところに表示されます
なのでこういうことなんだ~とだけでOKです
このドキュメントサイズとは印刷のサイズです